劇団風の子の歩み


劇団風の子は「日本の未来は子どものことを考えることから」と東京世田谷区からはじまり、「子どものいるとこどこへでも」と北海道から沖縄まで全国の子ども達にお芝居を届け続けて60年を越えました。

子どもたちが自由に想像力や創造力をふくらませながら、人間の生活に興味と関心を持ってくれるような作品作り、生きることを励まし、元気づけるような演劇を創り出したいと考えて活動しています。

 

時には、小さい年齢の子どもたちともっとしっかり向き合いたいと、劇団員5人で幼稚園に園児として入園し子どもたちと3カ月間一緒に生活してみたり、子育て真っ最中の母親劇団員の目線で作品を創ったり、いろんな試行錯誤と挑戦を続けてきました。

様々な経験を積み重ね感じたのは、子どもならではの感覚、発想の自由さ、豊かさ、そして人間としてのやさしさです。

 人間形成の基礎になる大事な時期だからこそ体験して欲しい、人のまなざし、声、奏でる音、ハーモニー、色、身近な生活の中にある手作りのぬくもり、そして、それらが織りなして見えてくるお話の世界---

 

劇団風の子はそんな子どもたちの心に響く作品を届けられるよう、既成概念にとらわれない新しい表現を常に模索し続けています    

 

そんな活動を続けるうち、子どもを励まし、勇気づける生の演劇を、どう日本の隅々まで届けるかという想いがでてきました。

そこで風の子の劇団員は全国各地に分かれていき、その地域に根ざした創造・普及活動をする「地方劇団風の子」の創立をすすめてきました。

劇団風の子中部とは


「地方劇団風の子」の創立が相次ぐなか、2010年4月、“劇団風の子中部”が誕生しました。

 先立つこと1989年愛知県に東海事務所を立ち上げ、1992年に拠点を岐阜市に移転。子どもたちと真剣にかかわりあう、いろんな分野の方々に支えられ歩んできました。

そして、2018年5月、株式会社劇団風の子中部となり、新しい一歩を踏み出しました。

東の文化と西の文化の重なり合う中部地方で、新しい創造を発信し続けていきます。

役者紹介


Daisuke Enokida

榎田 大介

Mariko Kouno

河野 真理子


Shohei Inoguchi

井野口 祥平

Katutoshi Okuma

大熊 勝利


Haruna Kawashiri

川尻 晴菜

Takahiro Ishii

 

石井 貴大


Kanae Koyama

 

古山 かな恵


アクセス



お問い合せ・お申込み 058-215-7780


<全国の風の子>

 

劇団風の子

 東京都八王子市美山町1320−1

 042−652−1001

劇団風の子北海道

 札幌市北区北27条西11丁目

 011−726−3619

●劇団風の子東北

 喜多方市通船場19番地喜多方シティエフエム内

 090−6680−8120(澤田 修)

●劇団風の子中部

 岐阜市領下21−16

 058−215−7780

劇団風の子関西

 京都府乙訓郡大山崎町大山崎鏡田45−28

 075−957−8502

劇団風の子九州

 福岡市早良区西新5−5−13

 92−841−7889