劇団風の子中部の感染症対策

・演技中も暗幕を使用せず、窓や扉を開放し、換気につとめます。
・舞台と観客との間隔を2m以上開けて設営します。
・3密回避のため、ご希望があれば複数回公演で対応します。
・子どもたちとの接触(終演後の送り出し、握手、ハイタッチなど)を控えます。
・消毒液等を持ち込み、道具等を消毒します。
・ワーク、演技中以外はマスクをして作業します。



劇団風の子中部

 

1950年に設立された、子どもたちを観客対象とした専門劇団です。

未来を創るのは子どもー。

本当に自由な社会、真の民主主義の時代を子どもたちとともに創っていくことを願って出発し、北海道、東北、東京、中部、関西、九州と、各地にグループを置き、その地域の文化や伝統に学びながら、創造・公演活動を展開しています。

 

劇団風の子中部は岐阜県岐阜市を拠点にして、東海地区から日本全国のみならず、海外までも活躍の幅を広げている児童劇団です。

 


紹介

幼稚園・保育園向けバナー
小学校向けバナー
ワークショップバナー
講演・イベントバナー


 こんな時だからこそ、ひとりでも多くの子どもたちに生の舞台を届けたい!

豊かな想像力を開放し、楽しんでほしい‼

 

文化庁による「ARTS for the future!2」事業の助成を受け、劇団風の子中部の一般公演を行います。

普段は幼稚園・保育園、小学校でしか観られない公演をぜひ、ご家族でお楽しみください!

 

 岐阜県羽島市

 

20221211

 会場:羽島市文化センター

 開演時間:14:00

 料金:1.500円


 

お問い合せ・お申込み 058-215-7780


舞台に、児童演劇に、役者に、子どもに、人に!

興味のある方、いつでもご連絡下さい!

募集区分  ①俳優部  舞台出演、演技、舞台設営、運搬、道具製作等、

                舞台出演全般に関わる仕事。

応募資格  18歳以上の男女  経験不問

入団審査  随時

選考方法  面接及び実技審査(歌唱・セリフ等)

入団    随時

応募方法  お電話またはメールでお問合せの上、履歴書を郵送して下さい

②制作部  上演作品の案内、企画制作、広報宣伝他 も募集中‼


劇団員ってどんな生活してるの?

 

大きくは、学校と同じように1・2・3学期のサイクルがあります。

平日は朝から公演先の遊戯室や体育館に舞台セットを組み、1ステージ、時々2ステージのお芝居をして、子ども達と給食を食べたりすることも。

その後セットを片付けて次の公演先の近くまで移動して休みます。

 

拠点となる岐阜市から近い場所は自宅に帰りますが、公演依頼は全国からありますので、この1週間は東北地方、また別の2週間は九州地方など、ある程度まとまった地域でホテルなどに宿泊しながら公演をします。いわゆる旅公演です。

その間の食費や交通費、宿泊費は全て経費でまかなわれます。

 

公演のない(土)(日)や春、夏、冬休みの期間は、休みをとったり、発声レッスンや身体表現等の訓練をしたり、次の公演に向けての稽古やセットの修理などをしています。



劇団風の子中部を応援してください

風の子ひろば』は、「劇団風の子中部」を支援し、より良い子どもの文化と未来を、劇団と地域の仲間と共につくりあうことを目的とした団体です。

 

年齢、性別、職業不問。どなたでもご入会いただけます。

一緒に未来を開き、夢や希望の持てる地域を拡げていきましょう。

 

 

年会費 2.000円